Pansit canton

あっという間に4月ですね。
留学生活はいかがですか?
また、留学をお考えのみなさん、新たな一歩を踏み出してみませんか?

フィリピン料理は、スペインや中国の食文化の影響を強く受けたものが多いとされています。
スペインや中国の影響を受けつつも全く同じではない、独自のアレンジにより生まれたのがフィリピン料理だと私は思います。

以前に取り上げたお料理のほか、私が気になるものをまたいくつかご紹介したいと思います。

ルンピア(Lumpia)
Lumpia
みなさんも聞いたことがあるかもしれませんね。日本でも最近よく耳にする「ルンピア」。
ルンピアとはフィリピンやインドネシアで食べられている細い春巻きのこと。
ちなみに揚げない生春巻きは「ルンピア・サリワ」
屋台などでも売っていて、気軽につまめるお料理。具の味つけにはチリソース、コリアンダー、唐辛子、にんにく、ナンプラーなど。これにスイートチリソースをつけて食べる!スパイシーな春巻き♪
想像しただけでお腹が減るww
あーー、今すぐ食べたい><

トルタンタロン (tortang talong)
tortang talong
タロン(Talong)とはタガログ語でナスのこと。
ナスの表面に卵をまとわせて焼いたもの。オムレツ?ピカタ?みたいなところです。
これにバナナのケチャップをつけて食べる。このバナナケチャップ、フィリピンでは家庭1本!と言うくらい、欠かせないもの。オムレツやホットドッグなどにかけたり、ナポリタンやミートソースのようなスパケティを作るときにも使われます。日本で食べるナポリタンやミートソースをイメージして食べると、驚きのあまり言葉を失うかも。。。なぜなら甘いから笑
バナナケチャップはバナナを主原料に赤い着色がされたもの。
フィリピンの食文化はスペインや中国に影響を受けたものが多くありますが、バナナケチャップはアメリカのケチャップにインスパイアされたものなんだとか。ケチャップといったらトマトですよね?ここまで独自のアレンジを加えなくても。。。赤いので普通にトマトケチャップかと思ったらバナナケチャップ!!ものすごく甘〜い。
普通のケチャップで食べる方が美味しいのでは?なんて思ったり。。。

パンシットカントン(Pansit canton)
filipino-cuisine-2098007_1280 パンシット
フィリピン風焼きそばという感じ。
広東麺を使った焼きそばです。レストランなどでもメニューとして普通にありますが、インスタント麺がたくさん売られています。これに野菜やお肉をたくさん入れてつくるパンシットカントンがおすすめ。いろんな味があるのでぜひ試してみてください。

Enjoy your フィリピン留学♬

 

フィリピンに”留学”のお問い合わせはこちら
http://www.ryugakuphilippine.com/