mapのコピー

みなさんこんにちわ!!

 

日本は寒い日続きですね。

フィリピンは…

年間通して温暖な気候で過ごしやすいです本日はそんな過ごしやすいフィリピンへの語学留学についてシェアしたいと思います!!

まずはどんなとこ??っていうと…

日本から平均4~5時間で渡航できる国。

時差が1時間。

物価が日本より安い。(500mlのペットボトルが30円)

公用語が英語

ざっくり過ぎですがこんな感じの国です。( *´艸`)

ではここからはフィリピンの語学留学について少しお話しを進めます。本題です。

幾つの島からなるフィリピンの中で留学先に選ばれるのがセブ島、バキオ、ダバオ、マニラです。首都マニラのビジネス街からセブ島他リゾート地まで様々です。その中でも本日は

 ”バキオ”

についてお話ししますね。聞いたことありますか?バキオ…

私は正直知らなっかたです(ー_ー)!!

なので調べました!!!

フィリピンの中でも北に位置するマニラと同じ島ルソン島にあります。標高1500mの山間地です。フィリピンの中では比較的涼しいです!!

田舎の地域ですが大学が多いので若者が半数を占めているとも言われています。

人口が多くなく観光客も少ないので犯罪に巻き込まる可能性も少ない!安全!!

そして留学のメリットとしては…

何っと言っても…

なにかと安い!!物価も学費もマニラやセブ島寄り安い!!
これ重要ですよね。とはいっても少々渡航費がマニラやセブ島よりかかるので短期の語学留学には向きませんので1ヵ月以上の期間でお考えの方にオススメ。

教育スタイルですが厳しい環境で勉強する『スパルタ』。バキオはスパルタ式の発祥とも言われているので学習意欲高い生徒が多いです!!

厳しいことは避けがちですが、しっかりと英語力を身につけるには必要。ここはメリットとして紹介しますね( *´艸`)日本人も少ないのでコミニュケ―ションは英語。授業以外でも英語を使う事が殆ど。これも英語力がつきますね。全く会話しないなんてことが無いようにしないと!!(笑)

いいことばかりという事はどんな場所でもないのでデメリットも紹介しますね

まず場所ですがマニラから車で5時間~7時間かかります( ゚Д゚)日本~マニラのフライトよりかかる…(学校がピックアップ手配はしてくれることが殆ど)そんな田舎の地域なので息抜きに手軽に遊ぶことが難しいです。英語漬けの覚悟ができている方にはいいですがちょっと外国に来たんだし遊びもしたいと考えてる方には厳しい環境だと思います。

学校によっては門限やほかの厳しいルールがあるところもありますのでそこはしっかり事前にチェック!!

私の印象としては…

クオリティの高い教育を低コストで受けることができるため真剣に英語の勉強をしたい人にお勧め。
娯楽は少ないけど勉強に集中するには最高の環境。