A hammock at the beach with the view of Bacuit Archipelago islands (El Nido, Philippines

フィリピン語学留学中のみなさんまたフィリピン語学留学に興味を持たれいるみなさん今日こんにちは。

日本はいよいよ大型GWが始まりますね。沢山の方がフィリピンにもバケーションを楽しみにいらっしゃるのではと思っております。さてフィリピンに限らず他の国を訪れる際に皆さんはその国の習慣や文化や宗教またタブーを調べたりしていますか?私は熟知まではいかなくとも確認します。『してはいけない事』『しない方がいいこと』『すると喜ばれること』『簡単なルール』などなど…

Cultural literacy です。その国の文化や習慣やそれに伴う行動を知りその国のその習わしを尊重すること。逆の立場で考えたら訪れる前のマナーとしてすんなりとできるとおもいませんか?日本を訪れる様々な国の人達が日本の文化やちょっとしたルールを知ったうえで日本に来てくれてそれを尊重してくれたら…ちょっと嬉しくないですか??私は嬉しいです。だから私は旅行のプランを立てると同時にその国のルールを調べます。

では早速フィリピンについて簡単なルール的な所からシェアしていきますね。

 

OKジェスチャー:親指と人差し指で作るOKのジェスチャー、これはお金を意味し『お金をくれるならOK』という意味を成していて傲慢な人だと思われてしまします。OKという意思をジェスチャーするのであればいわゆるグットのジェスチャー、親指を立てる。これがOKの意味になります。

同意の時にするうなづき:分かりませんの意味です!!ついついやってしまいそうですよね…( ゚Д゚)はっきりとYes ,Noを伝えましょう。

人の呼び方です:学校の先生などの呼び方もしっかり確認することをオススメします。基本的に役職+姓が基本の国です。外国だからってどこでもファーストネームが受け入れられている訳ではないです。役職が不明であればMr,Ms,Mrsを付けたり姓がわからないときはSir,Maamなどで呼んだりします。フィリピンの人達は多くにニックネームを持っています。このニックネームで呼んでも良いということを言われたらより親睦が深められたということで喜ばしいことと思いましょう。

人前で叱る:これはタブーです。大変プライドの高いフィリピンの人にとってこの行為は最も屈辱。決してしてはいけません。ビジネスの場面でもタブーです。たとえ日本人に対して怒っていたとしても、怒鳴っていたとしてもその行為自体が良く思われない行為ですので何かあっても感情的に怒らず冷静に話し合いましょう。

前回の記事ではフィリピンの人について少しシェアしました。今回はルール的なシャアをしました。どちらもほんの一部です。留学となれば共に生活するということになります。しっかりと文化や習慣の理解をしてお互いに快適に過ごせる環境を作りましょう。基本的にとってもフレンドリーな国民性を持ってますのでナーバスにならないでくださいね。

 

ではGWお休みの方は良い休日を。GW関係ない方の楽しい日々を~。