Beautiful Sunset in El Nido in the Palawan Island in the Philippines.

フィリピン留学中のみなさんこんにちは。

学校生活にお休みの日のプライベート時間どちらも充実していますか?さてどこの国で生活していても気になる事、天気(台風)について本日はシェアしますね。地球の温暖化により気候は年々変化しているように思いますがとりあえず通常のシーズンのけいちょっとした参考にして頂ければと思います。

 

一言でフィリピンと言っても地域によって台風状況は違います。

台風のピークは8月~10月です。しかも地域としては北に位置するルソン島やマニラ。この地域は直撃しやすい地域と思っておいてください。セブ島に関してはマニラ程ではないですが台風ありです。逆にみなみに位置するミンダナオ島、ダバオはそもそも年間雨量も少なく台風は殆ど影響無いと思って頂いて大丈夫です。

台風上陸の多い地域マニラに関しての雨の降り方ですが、日本の様にしとしとと1日中降っているのではなく一時的なスコールという形で降ります。ただこの降り方が半端じゃないんです!!日本ではめったにないほどの豪雨な感じの降り方をします。恐怖すら感じます((+_+))

また、台風が上陸した場合に最も起こりうることが停電です。

一流ホテルに滞在ならばだいたいが自家発電で復旧は早いのですがそうでない場所ですと1日~2日位かかることもあり、暑い夜にうちわで扇ぎながら寝苦しい夜をすることを余儀なくされることもあります( ゚Д゚)

セブ島やダバオは降水量も少なく台風の影響は受けづらいと先にお伝えしましたが、セブ島に関しては1日で30分くらいのスコールが降るということはありますので、そのことは覚えておいてくださいね。

もし学校のお休みを利用してちょっと旅行という計画をする際もしっかりと天候チェックです。できたら8月~10月は避けるか殆ど台風が来ないと言われているダバオ辺りを目的地にしてくださぁい( *´艸`)

 

では引き続き楽しいいフィリピン留学ライフしてくださいね。