フィリピン留学 豆知識 フィリピン・セブ島へ留学するなら「留学フィリピン」
ホーム > フィリピン留学 豆知識 > お金の持って行き方

お金の持って行き方

現金

フィリピンペソに両替して持っていく方法。

日本円でもっていって現地での両替も可能ですが、現地の空港やATMよりは日本の外貨両替センターのほうがレートが良心的なのでオススメです。

★ワンポイント★ 現金は最低限のみの両替をオススメします。
★管理法★ 現金はその日に必要な最低限だけ持ち歩いて、あとはキャリーケースにパスポートと一緒に入れて鍵をしておく。


国際キャッシュカード

外国でも日本と同じ感覚でお金がおろせるキャッシュカードのこと。

日本の口座に日本円を入れておけば旅先の現地のATMでいつでも現地通貨を引き出せるので大変便利とされています。 カードの裏に「Plus」や「Cirrus」のマークがついていれば、海外の対応ATMで現地のお金がおろせます。

★ワンポイント★ いくつかの銀行が発行していますが、中でもおすすめなのは新生銀行のキャッシュカード。 他の国際キャッシュカードの場合、お金を引き出すたびに取扱手数料を取られるのですが、新生銀行は無料です。新生銀行の場合は、とくに国際キャッシュカードにしてほしいと言わなくてもすべてのキャッシュカードに「Plus」マークがついています。また予備で2.3枚持っておくとよいでしょう。
★管理法★ 落としたり、なくしたり、盗られ場合はすぐに電話で止める。そして予備でもってきていた、2枚目・・・3枚目・・・と使う。


クレジットカード

日本のクレジットカードを持って行って支払いをするという方法。

日本の銀行口座にお金を入れたまま支払いが出来るので、両替しなくていい分、一番手数料が安いといわれています。大きめのスーパーやそれなりのレストランだとたいていクレジットカードに対応してくれます。レートも悪くないので、クレジットカードが使える場所では、なるべくクレジットカードで支払いをするのがいいと 思います。ただし、ご利用は計画的に。

★ワンポイント★ フィリピンやセブ島のお店ではときどきクレジットカードを使おうとすると「ミニマム200ペソ」といわれることがあります。これは、最低200ペソ 使ってくれないとクレジットカードの使用は認められませんということです。スーパーやカフェでそういうことを言われることがよくありますので、その点はご注意ください。
★管理法★ 国際キャッシュカードとクレジットカードを併用は、たくさんの現金を持ち歩く不安もないですし、国際キャッシュカード同様に、万が一の場合があってもすぐ止めることがきるので、被害は最小限に抑えられます。